« 初・姫路城(*^^*) | トップページ | 深まり行く・・・秋 »

うさぎギョウ虫のまとめ

最近、検索ワードにうさぎギョウ虫が増えてきました。

季節の変わり目・・・換毛期になると、うさぎさんは全身の毛を季節のものに換えようと新しい毛を作るためにたくさんのエネルギーを必要とするようです。それに伴ってホルモンのバランスも変化するみたいで、その結果免疫力の低下や体調の不良・・・などの健康面での不調が表面化しやすい季節でもあります。

そもそもお腹の中に少量いたうさぎギョウ虫が、うさぎさんの免疫力や体力が落ちた時に元気になってその数を増やし・・・●と一緒に姿をあらわすことも少なくはありません。

うさぎギョウ虫はほとんどのうさぎさんのお腹に寄生しているといわれています。

ママうさぎさんからもらってしまう場合がほとんどのようで、それ以外では、うさぎさん同士の接触(ペットショップではケージ内にママの違うBabyたちが複数羽一緒に入れられていることがよくあります)で感染してしまうようです。

生野菜を食べるとうさぎギョウ虫になる・・・という人もいるようですが、人間がお野菜を食べるときと同様にしっかりと水洗いをしてあげれば、私は何ら問題ないと思っています。

(うちではうさぎギョウ虫が完治した後も、お野菜を毎日食べていますがその後の発症はありません)

うさぎギョウ虫は決して命に関わるような恐ろしい感染症ではありませんが、●に白いニョロニョロがついているのを見るのは・・・うさ飼いさんにとって決して気持ちの良いものではありません。

以前、うちのさーちゃん&まーちゃん、ふたりともうさぎギョウ虫をお腹の中で飼っていました(笑)。

近所の動物病院(うさぎは得意ではない様子)では、一般的な(よくBlogなどでもうさぎギョウ虫のお薬として処方されているのを見かけます)黄色いお粉の虫下しを処方していただいて、それがなくなるまで経口服用したのですが、なかなか根絶することができませんでした。

そこで現在もお世話になっている、うさぎに強い動物病院へ転院することに。

そこでは粉薬ではなく、イベルメクチン製剤を皮下注射するという治療方法で通院のみでしばらく様子をみたのですが、なかなか根絶できず・・・その後、先生の判断で粉薬とイベルメクチン製剤を併用してみようということで、最終的にその方法でふたりともうさぎギョウ虫を退治することができました。

うちのように、完治にはちょっと根気が必要な場合もあるようですが、うさぎギョウ虫に感染しているうさぎさんはどうぞ気長に・・・治療を続けてくださいね。

私のBlog内のうさぎギョウ虫の関連エントリーをPick upしてみました♪

初病院!!

ヤツが現れた!!

やっと病院へ行けました!

お注射してきました!

まだいる!

しぶとい・・・。

うさぎギョウ虫の駆除

虫下し&注射

うさぎギョウ虫くん、いなくなる

また・・・ギョウ虫(><)

これらのエントリーは、カテゴリー<うさぎの健康>の中に入っています。

<うさぎの健康>には他にも、食滞について大切と思われることをまとめたり、それに関連して毛球除去剤(キサラトーン、ペトロモルト、ラビットラック、ヘアーボールリリーフ、キャット、ラック・・・などなど)の製品比較や実際の効果について検証したものなどもあるので、参考にしてみて見てください。

|

« 初・姫路城(*^^*) | トップページ | 深まり行く・・・秋 »

うさぎの健康」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。

今月に入り、仕事が鬼のように忙しくなり、

ブログも停止状態です(><

確か、このうさぎギョウ虫の話で初コメ入れたんですよね。

もう2年近くになるのですね。
うちは、うさぎギョウ虫の経験はありませんが・・・・。ツメダニで泣かされましたw

病院って行くまでに勇気がいるのですが、先生のお顔を見ると安心するのです。

先生は本当に良い獣医さんですねhappy01

★>うさ!!さん
わぁ~~~~♪お・ひ・さ・し・ぶ・り!!
お仕事忙しいんですね・・・・。
Blogにお邪魔しては・・・更新されてなくて寂しく思ってたところです。

そうか・・・そうでしたねぇ。なつかしい。
うさ!!さんと私を結び付けてくれたのは、女医さまでしたものねぇ。

Blogも同じ場所で長く綴っていると、有意義な情報がどんどんうずもれてしまって、どこへ行ったか見つけ難くなってしまってます(><)
食滞や毛球除去剤の話など、検索ワードに登場してるから、それらに関して知りたいと思って私のBlogにやって来てくださる方がいらっしゃるのだなぁ・・・と。

9月に入って・・・、チンゲンサイを洗う時にいつも ももくんのお顔を思い出しています♪
チンゲンサイ、大好きだったよねぇ(*^^*)

~from うーさんママ★

投稿: うさ!! | 2009年9月25日 (金) 23時01分

め~ん~え~き~crying
そうですよね、免疫力が低下するのは季節的なものもありますよね、
飼い主の過失ばかりが原因じゃないですよね、しくしく(涙)。。。

どうもウチは、ギョウ虫ではなくカビが現れてしまったようです(T_T)。
しょっくーdown

えっと、ブログに書いていますが、このカビのせいでDECOチョコの発送を延期することにしました。
勇んで「送りつけま~す」なんて言ってたのにゴメンナサイです(--;)。。。
完治したら、受け取っていただけると嬉しいです~。

★>きのこさん
メールをいただいて、ビックリしてすぐにBlogにおじゃましてきました。
風ちゃん、たいしたことはない様で安心しました♪
それにしても・・・本当に細心の注意をいつも払ってらっしゃる きのこさん。プレゼントの件も、心配り満載で・・・。
発送を自粛するだなんて・・・普通そこまで気がつかないと思います。
(いえね、早く送ってくれ~~っていう意味ではないですよ!笑)

季節の変わり目とか、換毛期とか・・・、そういう微妙なことが原因なのでしょうねぇ。
本当にうさぎさんって、デリケート(*^^*)

なにはともあれ、早く良くなることを祈っています♪

~from うーさんママ★

投稿: きのこ | 2009年9月26日 (土) 11時34分

こんにちは。
今夜試合に出ます。夜9時TVでも観れます。
応援宜しくお願いします。

・・・・

えっと、「うさぎ健康手帳」ご紹介ありがとうございます。ミーのブログの右スペース(うさぎスペース・・狭いところが好きなので)にリング貼りました!

アリカトゴザイマス、私パイロットでーす。
これからヒコキでフラーイしてきまーす♪
ではでは。

投稿: ピーターアーツ | 2009年9月26日 (土) 11時42分

ハーイ、ピータでーす。
まだ、離陸間に合います。
ヒコキ両手で止めてます。

「うさぎ健康手帳」・・
改めて読み直したら違う発見で驚きました。
かなり説得力がある。。
うーん、でもドッチなのでショー・・・。
牧草主食+ペレット補助
牧草野菜主食+ペレット微生物の量・・
ドッチのラビットちゃんが長生きするのでしょう・・・。
後、成長期までの食事によってできた体。
そこで構造も決まるのカモ。。
牛も牧草で丈夫に育ちます。。
ちなみに、うちのピータに6ケ月が過ぎてからまずは人参に挑戦した(オーぎゃニック 7g程度)のですが、盲腸糞残すようになってからストップしました・・・。
わからなーい。。。
このままでは今日の試合勝てなーいデス。。

投稿: ピーターアーツ | 2009年9月26日 (土) 12時22分

牛さんはサイロとか飼料を主に食べるみたいでしたーー;
http://www.gyunikuland.com/shoku/shoku-esa.html

★>ピーターアーツさん
はい♪大丈夫ですよ。どなたか分かりました(*^^*)
もう・・・ほんとに、また新手の荒しかと思うところでした。
(ハンネの由来、よく意味が分からなかったのですが・・・うーさんパパが、K1の格闘家の名前だよ・・・って教えてくれました。ぷぷぷ)

生野菜の話とか、盲腸糞の話をレスしようと思ったのですが、ここでは長くなりそうだったので・・・メールを差し上げましたね♪
実は、まだ書き足らないところとか、説明が不十分なところとか・・・あったのですが、また折々そんな話をお伝えすることができればと思います。
それに、全部私から話しては、ピーターアーツさんの調べる楽しみを奪っちゃうようで・・・申し訳ないですし。(笑)

~ from うーさんママ★

投稿: ピーターアーツ | 2009年9月26日 (土) 13時16分

まだお目にかかったことないけど確かにギョウチュウは気色悪いかもbearing
でも中にはあえて駆除しない方がいいと言ってる先生も居るみたいなんで、みんちゃんから出ちゃった場合あえて駆除するかどうか悩んじゃいそだわsweat01
と言うのも実は最近自家製堆肥を作ってみたいなんて考えてて、その手のブログやミクシのコミュを読み漁ってるんだけど、そこにあえて古土の殺菌をしないという人がいたの。
それが正しいかどうか分からないんだけど、全ては食物連鎖の一環みたいな感じの事を書かれてて、そう言うものなのかなと思い始めてたりします。
話がずれちゃったけど、ギョウチュウも同じようにどのうさにも居るのなら、腸の中でそれなりの役割があるんじゃないかと思ってたりします。
ただ増えすぎるとそのバランスが崩れる可能性があるから、薬での調整もありなんだろうなーとも思うし、殺しすぎるのも怖いからなにか他の方法で正常に戻せたらなとも思ったり。
色々選択肢がありそうでなさそうなのが難しいわ・・・


★>かなさん
人間も・・・そうでみたいですね。
花粉症とか現代病のように言われているけど、実は寄生虫が現代人の腸からいなくなって、それで免疫反応が過敏になったのではないか、って。

けどねぇ・・・実際に、うじょうじょと●にギョウ虫くんが付いているのを見ると、たぶんかなさんも駆除したくなると思いますよ~~。
お部屋遊びの時に●を撒き散らすと、タタミやジュウタンにもギョウ虫くんが落ちてたりしますから。

抗体検査をしたわけではないので、●に引っ付いて出てこなくなっても腸から完全にいなくなった・・・って保証ではないので、また体調が悪くなったりすると出てくることもあるのかと(苦笑)。

最後jには、女医さまも『なかなかいなくならないわねぇ。いたからって悪さをするもんでもないから、完全に駆除する必要もないんだけどねぇ』
っておっしゃっていました。(笑)

~from うーさんママ★

投稿: かな | 2009年9月27日 (日) 22時04分

ハ~イ、タダイマで~す!
ピタオで~す!

とても心が動かされました。
水を飲むようにすっと入ってきました。
某メーカへの本音(笑)も含めて
お休みのときにゆっくりとお返事させて
頂きます♪

いま、トテモ忙しいネ!
試合に負けてネザーランドにいるネ。
水車回すの大変ね。
でも、救われたヨ。さんきゅです★


★>ピーターアーツさん
おかえりなさ~い(!?)   ・・・ってね。
こちらこそ、お返事が遅くなってしまってごめんなさい。メール読んでもらったようで、良かったです。

週末に息子くんの文化祭があって、PTAのバザーのお手伝いに参加したりと、すっかりエネルギー消耗してしまっていたのでした。

うさぎ道はほんとうに奥が深いので・・・これからも一緒に探求していきましょう(*^^*)

~from うーさんママ★

投稿: ピーターアーツ | 2009年9月28日 (月) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初・姫路城(*^^*) | トップページ | 深まり行く・・・秋 »