« 【今日のお野菜 12/02】 | トップページ | 【今日のお野菜 12/03】 »

Wooly社のブースにて

Wooly社の1月発売予定の新製品、シニアブルーム♪山口のイベントでもWooly社のブース(テーブル)では新製品の説明や簡単な実験などできるように準備されていました。

きのこさんとえちゅこさんから、一足先にシニアブルームのサンプルを送っていただいて、実物はすでに見て知っていたのですが、私の一番の関心事である・・・この新しいタイプのペレットの説明を聞きに、うーさんパパと真っ先に行ったのがWooly社のブース(笑)

うさフェスタでは・・・『すごい人だかりで遠目に実験しているな・・・ってみただけだった』、というようなお話をどこかのBlogで読んだように思うのですが、(混雑していましたかぁ?きのこさん、えちゅこさん?)、まだ開場直後・・・ということで、ガラガラだったんですね♪

Pict0001←この写真は、そのシニアブルームに使われている原料の現物だそうです。(サムネイルをクリックすると・・・大きく見えますよ)

初めて見ました♪

ペレットの原料ですよ。これが・・・。この原料は全て人間が食べても大丈夫な品質のものだそうです。

【追記】 画像を圧縮しすぎたようです(苦笑)サムネイルでもよく見えないみたいなので書き出しますね♪

手前の左から・・・アルファルファ、コーンフラワー、大豆、小麦ブラン

後列左から・・・ティモシー、タンポポの根、ハーブ(ベニバナ、ハイカズラ、ゴマ、カボチャ種子、ヒマワリ種子、オオバコ、オレガノ、アマニ、ビタミン、ミネラル)、ビール酵母

 

実験は、シャーレーに水を入れて、それにシニアブルームのペレットを浸す、というものなのですが、みるみるうちに水分を吸収して突付いたりしなくてもシャーレーをゆするだけであっという間にほぐれました!

実はペレットの連載をした際に、自宅にあるペレットを水に浸す実験を自分でもしたんですね。そのときにはこんなに短時間(ものの30秒・・・とか!たぶん1分もかからなかったと思う)でほぐれませんでした。

これがなにを意味しているのか。

説明によると、うさぎさんがシニアブルームを食べた際に、お口の中で簡単にほぐれるため、咀嚼の回数が普通のペレットに比べて増えて、噛むことによって唾液もたくさん出てくるため、食べ物が胃に移動した際の消化がスムーズになるのだそうです。

消化がスムーズということは、早く腸に移行して●となって排泄される・・・、すなわち、うさぎさんのお仕事である<食べたものがスムーズに消化吸収されて、●となって排泄される>ということなのだそうです。

自宅でうちの子たちが食べているペレットを水に浸した実験をした際、ソフトタイプのペレットは、ハードタイプのペレットに比べてほぐれるのが早かったんですね。そして、ほぐれたべレットを指で捏ねて見たりすると、ソフトタイプのほうがより微粒子の集まりだった(だから水分を吸収しやすかった)んです。

すなわち⇒

 ・ソフトタイプ・・・空気を多く含んでいるためにほぐれやすい。 

           牧草の粒子がより細かい。

           つなぎとなる穀類をハードタイプよりも多く配合しないと固まらない。

 ・ハードタイプ・・・材料が密着しているのでほぐれにくい。

           牧草の粒子が粗い。

           つなぎとなる穀類がソフトタイプよりも少なくても固めることができる。

このシニアブルームが、<ソフトタイプ>とも<ハードタイプ>とも・・・分類されない新しいタイプのペレットである由縁は、ソフトタイプのようにほぐれやすいにもかかわらず、ハードタイプのように粒子が粗くて水に溶かすと牧草の粒が沈殿する、という点なんだそうですねぇ。

ふむふむ・・・なるほど。

思い切って質問してみました。

『シニアブルームに配合されている原料で、牧草(ティモシーやアルファルファ、ハーブなどの葉植物)と穀類(牧草以外)の配合比率はどのくらいでしょうか?』

そしたら、

『それは企業秘密です♪(キッパリ)』

あはは・・・(^_^ゞ そりゃ・・・そうですわね。失礼いたしました。

けども、普通一般的なペレットに含まれている穀類の配合率よりも、シニアブルームは極力穀類の配合を抑えていているとの話でした。

それを自宅でも実験で確認ができるとのことなので、その方法(聞いてきました)をお教えしましょう。

透明のコップにお水を入れて、ペレットを入れて放置します。十分に水を含んでほぐれたペレットをよく拡散してみると、緑色の物体が沈殿しますがこれが・・・牧草。水を濁らせている物質が穀類などの粉、だそうです。

時間を置くと穀類も沈殿してお水の濁りが取れてきますが、牧草は比重が重いので最初から沈殿物として肉眼で確認できます。

一定量のペレットに含まれている牧草類の量がこの実験からも推察できるって訳です。

誠にもって、納得できる説明で・・・、ブースにいらっしゃったWooly社のスタッフのお姉さんにはお時間を取らせてしまいましたが、実に勉強になりました。

穀類って・・・ついつい万物の悪のように思いがちですが、うさぎさんの中には牧草やお野菜が苦手で食べられない子もたくさんいます。飼い主さんがアレルギーで牧草をあげられないご家庭や困られている方もたくさんいらっしゃることと思います。

腸内環境をうまく保ちながら、健康的に適量のペレットに頼る生活も十分にありだと。そういう方にとってはWooly社の新しいコンセプトのラインナップは心強い見方ではないでしょうか。

Pict0135

おみやげなかったから・・・
今日もおいちくお野菜を食べるでちゅ♪

********************

今日の体重: M:1670g  S:1962g

********************

このあと・・・Wooly社長を会場の片隅で発見♪大接近して・・・いろいろとお話をさせていただいたのでした。

長くなったので、続きは・・・また明日(*^^*)/

|

« 【今日のお野菜 12/02】 | トップページ | 【今日のお野菜 12/03】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わかりやすく実験の内容を教えてもらえて嬉しいです~happy02オイオイ
はい、そうです、あまりの混雑にとても実験現場に近づけませんでした。
背ぇ低いし、私(--;)。。。
なるほど、ソフトでもハードでもないって意味がやっとわかりました。
企業秘密にはやられてしまいましたが(^^;)。
日本のペレット界に革命を起こしてくれるといいですね!

★>きのこさん
そうですよね、Wooly社のブースは大人気ですよね!!
山口では・・・がらがらだったんですよ(^_^ゞ なので、根掘り葉掘り・・質問攻めしちゃいました(笑)
シニアブルーム、価格はまだ検討中だそうで、1kgのパッケージを予定しているそうです。(少量のパッケージのほうが、いつも新鮮なものをあげられますからね♪)
Wooly社長とお話した際には、たぶんBlogでは書けないようなこともお聞きすることができたので、その辺の話はまたメールでこっそりと(*^^*)

~from うーさんママ★

投稿: きのこ | 2008年12月 3日 (水) 09時49分

前列の瓶のシールは何が書いてあるか分かるんだけど、後列のが見えない…。左端はチモシーかな?
“シニア”ってつくからある程度の年齢のうさちゃん用かと思ったけど、そういうワケでもないのね? 
固い方が沢山咀嚼するのかと思っていたけど、ある程度柔らかい方がするのか…。確かに自分に置き換えてみると、固いお肉とか途中で面倒くさくなって、えいって飲み込んじゃう…。そういうこと?? あれ、違う??

うさフェスはうさぎさんと飼い主さんと楽しく交流っていうだけでなく、しっかりお勉強しましょうってところなのね。
私は行かれなかったけど、ココでしっかりお勉強できてヨカッタ。

★>がめらママさん
お~!サムネイルクリックしても・・・解像度が小さすぎちゃったねぇ(^_^ゞごめんごめん。
後列左から・・・ティモシー、タンポポの根、ハーブ(ベニバナ、ハイカズラ、ゴマ、かぼちゃ種子、ヒマワリ種子、オオバコ、オレガノ、アマニ、ビタミン、ミネラル)、ビール酵母  となっています。

シニアのくだり、私もWooly社長にお尋ねしたよ♪(いいとこに気がついたね!)
シニア・・・っていったら日本では高齢者ってイメージがあるけど、まおたん(←フィギュアスケートね♪)もシニアの大会に出場しているでしょ??(笑)成熟期って位置付けのようですよ、シニアブルーム。
この次のエントリーでまた詳しくWooly社長とお話した時の話をまとめようと思ってたんだけど、シニアブルームを挟んで、赤ちゃん~子ども期向けのペレット、高齢用ペレットと今後3種類の展開を予定しているって言われていました。

ある程度柔らかい・・・というよりも、ほぐれやすいということがポイントのようなのです。
ソフトタイプのペレットは、材料が細かく粉状になっているけど、シニアブルームは牧草の粒もハードタイプ並みに確認できる大きさで荒く粉にされていた。
生のお野菜は決して硬いわけじゃないよね、けど咀嚼を十分してるじゃない、食べる時。
歯茎に負担を掛けないように、かつ咀嚼数を最大限引き出すような・・・そんな工夫をされたそうです。

やっぱり特設ブースがあるんだから、聞かなきゃそんだものねぇ。
首都圏のみなさんには申し分けないけど、小さい会場で小規模のイベントだったもので、その分十分にお話を聞くことができました(*^^*)/
ある意味、本当に地方では贅沢な催しだったと思う・・・ラビットハート大集合って。

~from うーさんママ★

投稿: がめらママ | 2008年12月 3日 (水) 12時18分

すご~い。
理科の実験みたいですが、一目瞭然ですね。
シニアブルームの原材料をこうして
見せてくださるなんて、製品に絶対の自信が
あるからこそなんだろうな。
人間が全て食べられる(o^-^o)
一見当たり前の事なのに、うさぎちゃんの
エサという事で手抜きされている事も
あるかもしれないですものね・・・。
それがわからない商品は、ちょっと躊躇。

すばるは、生野菜が苦手なんですよ。
だから栄養はペレットから取っているような
ものです。
まだまだ勉強しなければいけませんね。

★>もこさん
今の世の中・・・人間の食品でも産地偽造や原料偽造が明るみに出て、一体なにを信じていいのやら・・・疑心暗鬼に陥ってしまいますよね。
やっぱり、生産者、製造者の製品に対するポリシーや開発に対するスタンスなど、実際に人間と人間のレベルで信頼することができるか・・・が消費者として最後に信じるよりどころになるのでは、そう思います。

そういう意味で、Wooly社長にお目にかかれて、直接お話が聞くことができていろんな意味でよかったな・・・とそう思います。

すばるくんもお野菜が苦手なんですね。
軟便になっちゃうのかなぁ?それともお野菜が嫌いなのかな?
食滞になった時など、お野菜が食べることができる子だと、繊維質と水分とが一度の摂取することができるから、病院へ向かう途中などでも胃腸が完全に停止してしまうことを緩和することができるようです。
なのであきらめないで、ちょっとずつ・・・練習してみたらいいと思いますよ。

私もまだまだ勉強しなくちゃ。(笑)

~from うーさんママ★

投稿: もこ | 2008年12月 3日 (水) 16時09分

はじめまして~♪
私のブログにコメントありがとうございま~す
色々読ませていただきました。
サーシャちゃんマーシャちゃんとって可愛いですね。とても仲良しなんですね。うらやましいです。
ペレットの事すごく勉強になりました。
うちはソフトタイプを食べさせていますが、Wooly社のシニアブルームはハードとソフトの良いとこだけをとった画期的なペレットですね。すごいです。
うーさんママさんのブログはとっても勉強になります。また遊びにきますhappy01

★>ましゃまろさん
ようこそ♪いらっしゃいませ(*^^*)
いっしょに生まれた双子なので、赤ちゃんのころからずっと一緒です♪
多頭飼い・・・一見難しそうですが、うちのように、最初から兄弟姉妹をお迎えすると、相性がどうかしら・・・って心配は最初からクリアできてチャレンジしやすかったと思います(*^^*)

ましゃまろさんのBlogをブックマークし忘れてしまって(T_T)
もし・・・またご覧になっていらっしゃいましたら、URLを入れてくださると・・・また訪問できます。すみません♪よろしくお願いします!!

~from うーさんママ★

投稿: ましゃまろ | 2008年12月 4日 (木) 21時25分

おはようございます。

コメントをありがとうございました。
また、長文ですが お返事コメを覗きにお越し下さいませ。

ペレットの内容物には驚きました。
申し訳ありませんが、
ウサギには必要ないモノが相変わらず多いですね。

咀嚼の衝撃は軽減されても
もし私なら、口の中で簡単にほぐれるモノを
何度も噛む行為はしないと思います。
擦り合せる事がウサギの咀嚼だと思います。
辛口で、失礼しました。

★>涼さん
ペレットは・・・人間でいうとクッキーのようなものですからねぇ(^_^ゞ デンプン質をノリにしてペレット状に固めていわけですから。

涼さんが使われているバニセレはもっといろいろと入っていますよ(苦笑)しかも人間は食べられない産業廃棄物のようなものばかり!
ティモシーミール、アルファルファミール、ホミニーフィード(トウモロコシのぬか)、小麦ふすま(小麦のぬか)、小麦粉、グルテンフィード(コーンスターチをせいせいする時にできる副産物。繊維質量を増やす目的で入れられる)、脱脂大豆、乳酸菌、ミネラル、甘味料、ビタミン、アミノ酸。
少なくとも人間の口に入れないものが原料とされていますねぇ。

私も・・・『もし私なら、口の中で簡単にほぐれるモノを
何度も噛む行為はしないと思います。』 そう思います(*^^*)
ただし、私はうさぎではないので人間の立場での意見です。
Wooly社長のBlogに開発秘話が語られていますが、今回のシニアブルームを与えて観察したところ咀嚼が倍だか3倍に増えたのだそうです。実験からも自信をもたれているようですね。
擦り合わせて歯を磨耗させようというよりも、口内環境(歯の汚れや歯茎の状態)を良くする効果を期待しているようですよ。

我が家はお野菜100%のお食餌にはとてもできないので、お野菜と牧草で足りない部分をペレットで補っていこうと思っています。今現在、ペレットは1日に10g程度です。
その際に利用するペレットの品質が最良のものを選べるかどうかは・・・飼い主の勉強次第ってことでしょうか。

ココちゃんの歯の状態が良くなりますように・・・いつも陰ながら祈っております。

~from うーさんママ★

投稿: 涼 | 2008年12月 5日 (金) 03時00分

こんにちは!
シニアブルーム、とってもいいですよね!
ブースでもこのように展示されていて、やっぱり自信のほどが伺えましたね。当日ゆっくり見れなかったので、こうやってお写真拝見できて嬉しいです。ありがとうございます。
少し前にサンプルは手にしていたのですが、正直はじめて手にしたときは「??」な商品であったけど、今回直接お話を伺えた私もとても納得できるものだと思いました。
うちの子に早速あげてみて、またまた納得で♪
そして。ソフト&ハードペレットは、水に浸しても柔らかくなるのに時間がかかりますよね。とくにハードは・・・。こちらも納得で。
うちの子が鼓腸症になってしまったとき(皮下膿瘍も同時発症でした)、病院で流動食用のペレットを用意できるまで応急のものとして、ペレットを水でふやかして流動食用につくることをしたのですが、水に浸しても柔らかくならないから、スプーンで押してふやかして柔らかくしたことがありました。押してみればすぐ粉々になるけど、粉が多く繊維が少ない?とも思ったこともありました。
もともと流動食用でないので、仕方のないことですが、うさちゃんが普段食べていながら、口にして齧って、でもすぐ粉になるような・・・うまく言えませんが、なんだか微妙な気持ちになりました。
栄養面ではいいと思うけど、歯にはどうなのだろう・・・と。牧草もあげているので、問題ないとも思いましたが、知識のないショップにいる子で、ペレットのみの生活を送っているうさちゃんたちには、辛いのでは、と思いました。
そんなお店にいたうちのあめちゃんなのですが、牧草を前歯で齧って切れないから、うまく食べられなくて、ペレットとペレット牧草が中心の食事をしていました。
大食いのあめちゃんでは、それだけじゃ、ぶっちゃけ物足りないのです(笑)もっとくれ~状態で(笑)でもペレットばかりあげられないし(涙)
シニアブルーム、もうすっかり食べられるようになり、口にしてはモゴモゴよく噛んで食べているので、とてもいい商品と出会えたと思っています。感激♪で。
よく噛むことで満腹感が得られているのかもしれませんね。

かつて、ペレットは固いほうが歯にいい・・・やわらかいと歯に良くないみたいに思っていました。だからソフトよりハードがいいかもとか思ったり・・・。
間違った認識をしていました。
固いと、逆に歯根に負担がかかることもある。(うさちゃんの個体差もありますが)
そんなことも知りました。
臼歯が少しかみ合わせが悪い子は、ハードタイプペレットを食べたとき、よく噛めていないから●がボコボコカチカチになってしまう。うちの子がかつてそんなことありました。ソフトに変えたらきれいになりました。
ペレット1つにしても、好みやおなかの具合、合う合わないいろいろあると思うけど、
シニアブルームは、長所がいっぱいつまった商品だと思いました。

こちらの商品とであって、いろいろ勉強できました。
あめちゃんの食事、うちの2羽の子たちも、
それぞれあったものを選んであげれたらと思っています。
これからは、あめちゃんの主食はこちらになりそうです♪
来月の販売、待ち遠しいですね♪
ごめんなさい。長々と失礼しました。
お返事は気になさらないでくださいね♪(^^)/

★>うさっちさん
ペレットは・・・奥が深く、まだまだ発展途上・・・という感じですよね。
私は基本的には、自然界をお手本に・・・と思っていますが、野生のウサギさんのようにはいかない子もたくさんいるのが現実で。
お野菜が苦手だったり、うさっちさんちのあめちゃんのように前歯の噛みあわせが悪かったり、人間の都合でティモシーアレルギーだったり・・・さまざまです。

Wooly社長が言われていましたが、Wooly牧場のうさぎさんたちはHeinoldのペレットをこれまでずっと食べているそうですが、歯の問題が起きた子は1羽もいないそうです。
Show FormulaよりSenior Formulaの方は少し硬いような感じがしますが(山口のイベントで、社長と一緒にペレットの固さ比べしました)・・・それでも何ら問題は起きていないそうです。

もちろんペレットの弊害は私もよく理解しています。実際にペレットが原因を思われる歯の疾患で命を縮めてしまった子もいるでしょう・・・。

100%ペレットに頼ることは私も危険だと思いますが、使っているペレットの特性をよく飼い主さんが理解をして、デメリットとメリットを天秤に掛けた上で、納得して利用するのであれば・・・それはありではと。

あめちゃんも、うーちゃん、ぼぅちゃんも病気や怪我の経験があるんですねぇ。うさっちさんのお世話の様子などとても勉強になります。
いまは元気でよかった♪

~from うーさんママ★

投稿: ※うさっち | 2008年12月 5日 (金) 17時01分

12月に入ったとたん、あわただしくなってしまい・・・お返事が大変遅くなってしまいました。

Blogはしばらくお休みさせてもらうのですが、お返事は時間を見て書かせてもらいたいと思っています。

ラビハーさんのイベントの話、まだ話し足りないのですが(^_^ゞ
また折をみて別の機会に、Wooly社長とお話したこととかお伝えできれば・・・と思います。

シニアブルーム♪
私は説明を聞いて質問をして、そして自分で納得した内容をまとめて、事実としてお伝えさせてもらいました。

お返事を書き込みましたので、またお時間のある時にぜひ読んでくださいね。
いつもコメントをありがとうございます。


投稿: from うーさんママ | 2008年12月11日 (木) 02時58分

はじめまして。
ウーリーのシニアブルームを使おうか調べていてたどり着きました。
とても参考になる記事が沢山あり勉強になります!ありがとうございます!

ところで、原材料でどうしても気になったのが「オレガノ精油」なのですが、、、、
微量だとは思いますが人間も口にしてはいけないオレガノの精油がペレットに入っているが納得できなくて。
ウーリーさんの社長さんとお知り合いのようなので、もしこの事の詳しい事をご存知でしたら教えてくれませんか?

投稿: bikaku | 2009年10月28日 (水) 17時34分

>bikakuさん
検索でたどり着いてくださったとのこと。
以前に私自身が疑問に思ったことや、調べて分かったことなどを自分の覚書としてBlogに綴っていますが、その情報をうさ飼いのみなさんと共有できればという思いもいつも持っているので、bikakuさんのように参考にしてくださる方がいらっしゃるということは、Blogを続けていく中で私自身とても励みになります♪
ありがとうございます(*^^*)


さて、ご質問の件ですが、私自身うさぎイベントで発表になっていた内容しか認知していなかったので、今回のbikakuさんの質問をいただくまでオレガノ精油がシニアブルームに入っていることを・・・お恥ずかしながら知りませんでした。
イベントのときにはハーブミックス(粉末)でビンに入った状態のものを拝見したので、オレガノが精油で添加されているとは知らなかったんです。
(シニアブルームが正式発売になった後、Wooly社のサイトで原料を再確認することも・・・していなかったもので)

オレガノ精油に関して全く知識をもしあわせておりませんでしたので、書き込みを拝見してからネットで調べてみたのですが・・・

*豚の養殖飼料にオレガノ精油を添加することによって、抗生物質を与えていた時と同等の効果を確認した・・・という論文

*猫(肉食)にオレガノ精油を初めとするハーブ系の精油を与えると、植物を消化する酵素を持たないために肝機能障害を発症する恐れがあるので、厳禁である・・・という猫飼いさんのBlog

・・・は文献として読むことが出来たのですが、人間が食べてはいけない・・・という情報を得ることができませんでした。
もしよろしければ、その情報の出典元を教えてくださいませんでしょうか?

私もシニアブルームを今うちの子たちに毎日与えておりますので、オレガノ精油が体に害があるのか?それとも体に良いものなのか?とても知りたいです。

また、Wooly社長とはイベントでお目にかかった際にWooly商品に関する質問をさせていただいたというだけで・・・知り合いだというほどではないのですよ(^_^ゞ

Wooly社長のBlogもございますし、直接ご質問されると気さくにお答えくださると思いますよ♪

私もシルバーブルームに入っているビワの葉について、質問したいと思ってるところです。
(まだシルバーブルームを食べる年齢に達していないので、その時が来たら。。って思ってます)

また良かったらお時間がある時に立ち寄ってください♪お待ちしております(*^^*)

投稿: ★>bikakuさん from うーさんママ | 2009年10月28日 (水) 20時08分

ご丁寧にお返事をありがとうございます。


精油の服用に関しては、「精油 毒」と検索するとなど、、、、→http://www.aromaterapia.jp/2187/02/post_188.html


「精油 危険」と入れると→など、、、http://www.rakuten.ne.jp/gold/t-tree/contents_aroma/whatsaroma_4_3.htm


びわの葉に関しても私もかなり疑問を感じております。
ウーリーさんだけでなく、他の大手メーカさん専門店さんが沢山販売されていますよね。
びわの葉の毒性に関してはプチラパンさんのHPにわかりやすくまとめて詳しく説明されていますが、なぜここ数年でこのような商品が沢山出回ってしまったのか。。。
びわの葉は簡単に手に入り無料同然が商品になってしまうからでしょうか。。。。

投稿: bikaku | 2009年10月28日 (水) 23時38分

>bikakuさん
色々とリンクでお知らせくださってありがとうございました。

私のほうもその後オレガノ精油に関して色々と調べて分かったことなど、詳しい話をメールさせていただきました。
ご一読くださいませ♪

投稿: ★bikakuさん from うーさんママ | 2009年10月30日 (金) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【今日のお野菜 12/02】 | トップページ | 【今日のお野菜 12/03】 »