« ペアールック | トップページ | 【今日のお野菜 11/09】 »

お食餌について~ペレット編②<原料>

うさぎの総合栄養食であるペレット。各社いろんな商品が出ていて、どのペレットが一体いいのか?どのペレットを選べば良いのか??私自身うさ飼いになって、一番最初に悩んだ事柄のひとつでした。

どういうことを基準に選べば良いのか・・・??本や雑誌を読んだだけでは全く判断がつかず、実際にペットショップでどんな商品が並んでいるのか回って手に取って見てみたり、うちの子たちの出身ショップに尋ねてみたり、いろいろなBlogを巡ってうさ飼い先輩さんたちがどのような基準でペレットを選んでいるのか参考にさせてもらって、人気の銘柄を調べてみたり・・・。

そもそも複数の原料を混ぜ合わせてあの緑色の粒々を作り出しているのですから、原料は?配合は??栄養成分は???というところから、まずは・・・一般的にうさ飼いさんたちが利用している銘柄のものについてデーターを集めて集計することにしました。

この場合・・・あくまでも各社がパッケージやHPで公表している原料表記や含有成分の数値を偽装していない・・・ということを大前提に、信用してお話を進めていきます。(笑)!

(独自に検査機関に成分調査を依頼するだけの費用と労力は・・・・残念ながら、一うさ飼いには負担が多すぎるため各メーカーを信じることにしました)

**************

まず原料に着目してお話をはじめましょう。

ペレットの原料としてにラベルにかかれているものとしては次のようなものがあります。

*アルファルファミール・・・アルファルファ100gに含まれるカルシウム量は約1480mg(1.5%)。人間が1日に必要とされるカルシウム量は約600mgですので、アルファルファがいかに多くのカルシウムを含んでいるのかわかります。

*粉末オーツ ・・・エン麦を青刈りし乾燥させたもの

*小麦胚芽ミール

*粉末大麦

*大豆ミール

*加水分解ミロ ・・・? 調べましたが分かりませんでした。

*可溶性乾燥穀物

*亜麻仁ミール ・・・アマ科に属する1年草の植物で、茎の繊維は高級リネン製品に用いられます。αーリノレン酸を豊富に含んでいて、食物繊維,リグナン,リノール酸,オレイン酸,DHA,EPAを含む食材

*ユッカエキス・・・おしっこの臭いを抑える

*カゼイン・・・牛乳タンパク質の主成分

*枯草菌(こそうきん)・・・自然界に普遍的に存在する真性細菌の一種。納豆菌もそのひとつ。

*あわ糠

*小麦粉

*とうもろこし

*脱脂大豆

*ふすま・・・小麦から小麦粉を製造する際に発生する原麦の外皮部分

*ビート(てんさい)パルプ ・・・ひねりのある食物繊維の一つです。液体と接触すると10倍の大きさに膨れ上がり、それによって消化管の食物の通りが遅くなり、結果的にさらに水分が吸収される時間ができることになります。

*ビール酵母・・・活性酸素の除去、解毒作用。

*植物抽出エキス

*ハチミツ

*とうもろこし胚芽

*チモシーミール

*ホミニフィード・・・とうもろこしからコーングリッツを製造する際に発生する副産物で、とうもろこしの細粉・胚芽・皮・でん粉等が混合されたもの。

*グルテンフィード・・・コーンスターチと呼ばれるとうもろこしデンプンを作る過程で発生する副産物で、主体となるのはコーンスターチを分離した時に残る繊維質。

*硫酸銅・・・防腐剤

*各種ビタミン、ミネラル(*パントテン酸カルシウム・・・免疫力を高める、 *塩化コリン・・・循環器系と脳の機能、および細胞膜の構成と補修に不可欠な栄養素 ほか)、乳酸菌など

(調べたペレットの銘柄・・・Oxbow、Heinold、コンフィデンス、バニーセレクション)

************************

これらを見ると、主原料の牧草(ティモシーもしくはアルファルファ)以外に、穀類(トウモロコシ、大麦、小麦ほか)やタンパク質(大豆)や繊維質(ぬか、ふすま、胚芽、ビートパルプなど)に、各種ビタミン乳酸菌などを配合して固めたものがペレット・・・というわけです。

これらの原料の配分が結局のところどうなっているか、詳しいことは表記されていないので、牧草とそれ以外の原料の比率がわかりませんが、草食動物であるうさぎさんが本来食べるべきではない穀類(摂りすぎると栄養過多になって腸にガスがたまる)の総量の方が圧倒的に多いことは容易に想像できます。

また、本来は牧草(植物のセルロースなど)から摂るべき繊維質ですが、穀類の表面についている皮・・・すなわち、ぬか、ふすまなど、なので、本来うさぎが必要としている●を作って排泄するための繊維質は、植物の葉や茎のセルロースでなければ腸内で十分な働きをしないのではないかと思われます。

気になるのは、単に嗜好性を高めるために添加されていると思われる甘味料(はちみつ、コーンシロップ、麦芽糖など)や穀類(えん麦やとうもろこし)の存在です。

穀類はつなぎ粉ともなっているので、ペレットの形状にする時には不可欠の原料ではありますが・・・。

そして、ここで考えてもらいたいのは、ペレット以外にも乳酸菌などのサプリメントを常用している場合です。

サプリメントも粒状に固めるために何らかの穀類・・・すなわちデンプン類(小麦粉、コーンスターチ・・・など)を添加しています。

逆にペレットにも乳酸菌を添加して付加価値がつけられたものも売られています。

両方を与える必要が・・・はたしてあるのか疑問に思います。

肥満気味のうさぎさん、お腹によくガスがたまるうさぎさん、盲腸糞を良く食べ残すうさぎさんたちは、どうですか、穀類を摂りすぎてはいないませんか???

アメリカでは法律で義務付けられているので、アメリカ製のペレットには原料が事細かにかかれていますが、日本ではそのような法律がありません。なので私にとって国産ペレットは原料が大まかにしか書かれていないというのが国産ペレットをチョイスしづらい原因になっています。

(~以下③につづく)

|

« ペアールック | トップページ | 【今日のお野菜 11/09】 »

うさぎのお食餌」カテゴリの記事

コメント

なるほど!
ママさんすごいです。
(コンフィデンスを買う前に知っておけばよかった・・・)
小麦粉とか、すごい気になってました。いも類やクッキーをあげないようにして、炭水化物を控えても、ペレットで摂取したら意味ないじゃん・・・って。
でもほかの耳なじみのない表示名のものって、分からなくて謎でした。印象として、いらないんじゃないかなあ。。。と思います。
次回も期待してます!

さーちゃん、まーちゃんのお洋服姿、まるでお人形さんみたい!

★>maiさん
maiさんのおっしゃる通りです!!ペレットはうさぎに必要とされる牧草(食物繊維)を食べるためのもの・・・というよりも、つなぎや嗜好性を高めるために添加された穀類(炭水化物)を食べるための物・・・になってしまっているっていうのが現実だと。
なので、栄養価が高い。だからペレットを食べ過ぎると肥満になったり、盲腸糞を食べ残したり、お腹にガスがたまる鼓腸症になったりと健康に害を与えることがあるというわけです。

なので、本来だとお野菜100%の食生活を実行したいのですが、現実的には2羽の胃袋を満たすだけのお野菜を1年中、安定的に与えてあげる自信もお金もたりないので、ペレットで栄養を補助している感じにしています。
けど、極力ペレットは少なくして・・・ということで、栄養失調にならないように毎日体重を管理しているってわけです。
パッケージにあるような量を実際にあげると、ものすごいペレット量になってしまい、穀類の取りすぎになってしまいます(^_^ゞ
これといって●に問題がなく健康であるので、乳酸菌類のサプリメントも与えないようにしています。(これも穀類の取りすぎを防ぐため。サプリメントは甘いので糖分の心配もありますからね)

実はコンフィデンスは、国産ペレットなのにラベルに良く詳しく原料を表記してある方だと思います。そういう意味では良心的だと。
バニセレは現物を持っていないので、ラベルに記載されていることを確認できないのですが、ネットでイースターのサイトに記載されている原料を取り上げてみました。(maiさんのBlogでラベルの部分UPしてくださったら・・・また調べますが♪)
日本ではペットフードに関して原材料の表示義務がないので、ラベルにかかれているものだけが原料である、と思うよりは、書かれていないものも他にもたくさん入っているだろうなと思うほうがいいと思いますよ。

耳なじみのない表示名のものとおっしゃる部分・・・化学物質などの表記は、ミネラルやビタミン類のことをいわれているんだと思います。
例えば塩化ナトリウムと聞くと・・・なにやらえたいのしれない化学物質っぽく聞こえますが、塩(食塩)と聞くとすぐにお料理の味付けに使うあれって分かりますよね?(笑)塩はミネラルです♪

ひとつずつ何なのか、書き出そうかとも思ったのですが・・・<ミネラル、ビタミン>と一括させてもらったわけです。
ネットでそれらを検索すると・・・サクサクっと出てきますよ。お時間があれば調べてみてください(*^^*)

maiさんはそれらを『印象として、いらないんじゃないかなあ。。。と思います。』と思われたようですが、私はビタミン&ミネラル類は抵抗力や体を作る上で必要な成分だと思っています。

つぎは・・・成分に着目したお話をしますね♪

~from うーさんママ★

投稿: mai | 2008年11月 9日 (日) 09時21分

うーさんママさん、すごいです。
すばるも、健康診断の時に血液検査をして
カルシウム値が高かったので、ペレットを
変えて数値が下がったという経過があります。
牧草8割、ペレット1割、おやつ・野菜が
1割とうちの獣医さんに習いました。

いずれにせよ、ペレットはあげすぎは良く
ありませんが、体を作る上で必要な栄養が取れるのがありがたいですね。

だから、できるだけ品質のいいペレットを
あげたいなあと私も思います。

うーさんママさんが、細かく原料について書いてくださって勉強になります。

★>もこさん
触れるには・・・難しい領域の話なので、これまで自分が分かっていればいいか・・・ってメモ書きにとどめていたのですが、うさ友さんのmaiさんちのぼたんちゃんが、おちっこがしにくい状態が続いていているのをきっかけに、あくまでも私が調べた内容をまとめてみる・・・ということで、この禁断の領域に付いて連載しようと思ったのでした。

カルシウムを抑えたペレットに切り替えるよう、お医者さんから指導された際に、バニセレからコンフィデンスへと替えたそうなのですが、実際どちらもほとんどカルシウム含有量は変わりがないんですよね。
むしろ・・・コンフィデンスの方が多いかも。

両方とも獣医師指定のうさぎのペレットで(正確には・・・バニセレはメディカルサポートというのが病院専用)、どうも・・・利権が絡んでいる?としか思えない(苦笑)
本当にカルシウム含有量が少ないペレットに切り替えた方がいいのなら、別の銘柄を勧めてくれるはず・・・ですもの。

うちの子たちの主治医の・・・女医さま、とても信頼しているのですが、以前うさぎのペレットについて助言を求めた際に、『繊維質を多く含むペレットで、ひまわりの種、トウモロコシ、ナッツ類を含むものはダメですよ』とおっしゃったのに、病院で売っているのは・・・コンフィデンス。(苦笑)
実際うちでもそれを少量・・・食べさせているのですがね。(←とある考えがあってのことなのですが)
コンフィデンスの原料を把握されているのか・・・どうか、ちょっと疑問(苦笑)
『Oxbowなんかもいいペレットだけど、どんなにいいペレットでもうさぎが食べてくれないことには・・・意味がないからね。』ともおっしゃっていました。
暗に、多少の悪いものが含まれてても嗜好性を高めてうさぎさんが食べてくれるペレットのほうが、美味しくない良質のペレットよりもいい・・・ってことなんだと。
もちろん前提として、高繊維質、低カルシウム・・・って言うのはあっての話ですが。

ところで・・・すばるくん、そのお医者さんのご指導で、何のペレットから何に替えたのか、よかったら教えていただけませんか?
参考にさせてください・・・。

よろしくお願いします♪

~from うーさんママ★

投稿: もこ | 2008年11月 9日 (日) 12時11分

う~~~~ん!すごい!!!
やっぱり余計なものが多く入ってますよね。

食べてくれないと意味がないから
多少の味付けは仕方ないのかな?と思いますが、
どんなモノで食いつきを良くしているのか?
これが気になるワケで・・・
難しいな~~~。。。


③が早く読みたい!!!

★>えちゅこさん
どうかな??連載・・・④まで進んだんだけど、えちゅこさんが考えてた方向に話が進んでるみたい??(まとめ方、どうしようか迷ったんだぁ~)

Wooly社長に85点って評価もらっちゃった!(苦笑)
これって大学の定期試験で言うところの・・・良ってことだから、まずまずだって解釈していいのか?!

近からず、遠からず・・・ってところ?!(^_^ゞ

ちなみに、②の原料、③の成分・・・については、実際のラベルに記載されていることをまとめただけなので、私の個人的な見解部分以外は・・・データーとして参考にしてもらえればって思います(笑)

実は・・・私のパソにはEXCELで一覧表にしてまとめてるんだよね。
この表を見れば成分に関しては一目瞭然、いろんなペレットの比較が簡単にできちゃう!

もうすぐ連載終わるので、もうしばらくお付き合いをお願いします♪

~from うーさんママ★

投稿: えちゅこ | 2008年11月 9日 (日) 19時40分

文字ばかりのエントリー、長々と読んでくださってありがとうございます。
それって違うよ~~!ってことがあったら遠慮なく教えてくださいね。
名乗るのがはばかれるようでしたら、匿名でも全然大丈夫です。
アクセスログをチャックして招待を追及しようなんて思っていませんから(笑)

このエントリーをUPしたあと、ペットショップへ行って、販売されているペレットのラベルの画像を収集してきました。

有名ブランドのペレットから、あやしい安いペレットまで(笑)!
ビックリなのは、最近はペレットと穀類の粒(ヒマワリの種やトウモロコシ、クルミを砕いたもの)が1袋にミックスされたものなんかも売られているんですね!!

私のうさ友さんやここをご覧のうさ飼いさんの中には、そのようなペレットを食べさせている方はいらっしゃらないと思いますが、こんなのを作ってるメーカーは・・・うさぎを殺す気?!
って憤りも感じました。

いや~、怖いですねぇ。ブルブル・・・。

みなさんが愛用されているペレットの銘柄、ソフトかハードか、良かったら・・・教えてください♪

投稿: from うーさんママ | 2008年11月13日 (木) 02時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペアールック | トップページ | 【今日のお野菜 11/09】 »